趣味を理解するという事

趣味を生かせる時が来た

私はとても趣味が多いです。その趣味の中に手芸があります。例えば、子供たちの洋服を作ったり、マフラーなどを毛糸で編んだり、ビーズを使ってアクササリーやストラップを作ったりします。友達や親戚の子供にも時折洋服や小物類を作ってほしいと頼まれて作る時があります。自分の家族が使ってくれるのはとても嬉しいですが、友達や親戚に使ってもらうのはとても気をつかいます。お世辞で可愛いとか良くできているとかいっているのではないかなとか、本当は迷惑なんじゃないのかなと思ってしまいます。

近々私の子供の幼稚園のバザーがあります。そこで我が家は何を出そうか悩んでいたら、ママ友が私がいつも手作りしている子供用品はとても可愛くて良くできているので出したら?と言ってくれました。しかし、自分の作ったものにあまり自信がないので返事を渋っていると、そのママ友の友達がハンドメイドのお店をしているからみてもらったら?といってくれたので駄目もとで見せてみると、お店で売りたいと言ってもらえ、少しだけですが私の作品もお店においてもらえるようになりました。まだ数個しか売れてはいないですが、とても嬉しいのでこれからも頑張って色々と作っていきたなと思います。

その他の記事



Copyright(c) 2018 趣味を理解するという事 All Rights Reserved.