趣味を理解するという事

アウトドアー型のスポーツや趣味を楽しむには体力と気力が必要

日本人で旅行の嫌いな人は余程の変人だと思えるくらい少ないはずです。ゴールデンウイーク、お盆休み等、長期間の休暇の取れる時期には海外旅行の空港出発地は込み合うし、国内も新幹線は自由席まで満席で、高速道路も至る所で大渋滞する程にマイカーや観光バスが殺到するので、海や山あるいは保養地でスポーツや趣味に興じようと目的地に着いた頃には疲れ果てる始末なのです。大挙して大勢の人が首都圏等から脱出してくれるので、このような旅行シーズンに首都圏内のスポーツ施設が逆に空いていて趣味を楽しめるようです。

このように、国民の多くが集中的に休みを取れば込み合うことは想定内のことなので、以前から国でも分散して休暇を取れるようにカレンダーデイの調整を工夫していますが、今のところ焼け石に水程度の効果しか出ていません。そこで、費用と休暇取得に余裕のある人は込み合うシーズンから休みを外して往復しているのですが、かなり効果のあることが分かってきたので毎年、このパターンを励行する人が増えているそうです。このように限られた国土の中で多くの国民が殆ど同時期にスポーツや趣味に興じようと同じ方向めがけて大移動するのですから、アウトドアー型のスポーツや趣味を楽しむには目的地に着くまでの体力と気力が充実している年代でないと旅行を諦めてしまいそうです。

その他の記事



Copyright(c) 2018 趣味を理解するという事 All Rights Reserved.