趣味を理解するという事

趣味を持つということの人生の意味

趣味というものは、娯楽ですから、楽しくなければ続けられませんが、自分がどのような趣味を持ち、それを楽しむことが出来るかということは知っておくと、将来その中から、もう一度チャレンジすることが出来るのではないかと思います。私が親の介護を始めた時に、親が高齢者だったので、何か趣味はないかと探した思い出があります。それは、認知症の場合に、何もしないで時間が過ぎると、刺激がないので認知症が進行してしまうのではないかと思ったからです。認知症に限らず、頭を使うことは、精神衛生上有意義で、そうしない場合には老化が早まるのではないかと思ったりもしました。

また老人の場合には、時間を持て余しすぎて、それが日常生活でも悪い影響を与えてしまうということもあります。余りにもすべきことがない場合には、精神的に何かをしなければいけないとか、ふらふらして何かにぶつかったりとかというケガをしてしまうことも多いからで、そのような時に熱中できる趣味があれば、老化や認知症の進行が防げるのではないかと思ったりもしました。

その他の記事



Copyright(c) 2018 趣味を理解するという事 All Rights Reserved.