趣味を理解するという事

語学という趣味について

昔から外国語を学ぶことが趣味で、英語を手始めとして様々な言語を学んできました。中学や高校では英語が教科として存在していたため、好きな英語を学んでテストの点数も良くなり一石二鳥でした。中学生の頃から将来は外国語大学に入学したいと思っており、無事夢を叶えることができました。

大学では英語以外のめずらしい言語を学びたいと考え、とてもマイナーなハンガリー語を専攻しました。一日に何時間もハンガリー語が専門的に学べて、とても充実した大学生活を送ることができました。現在は韓国の会社に勤めているため、韓国語を習得する必要があり、入社して一から学びました。今では仕事でも使えるくらいのレベルになり、次はどの言語を学ぼうかと考えているところです。

仕事でイタリア人と接触する機会が多く、また旅行で訪れたイタリアがとても気に入ったためイタリア語を勉強しようかと検討しています。イタリア語ができるようになれば仕事でも使えますし、とても便利だからです。

その他の記事



Copyright(c) 2017 趣味を理解するという事 All Rights Reserved.